アセック・特殊ILB (凍結抑制舗装材)

  アセック(ゴム貼りILB)



なぜ、雪道にアセックは効果があるのか?


 ドライバーのほとんどは、ツルツル路面を生むスタッドレスタイヤに不安を持っています。でも、もうスパイクタイヤ時代への逆戻りはできません。“滑るのが当たり前”ともいえるスタッドレスタイヤで、より安全に運転できる“新しい路面”をつくることに着目。雪や寒さの中でも優れた弾性と復元性を持つゴムを貼り付けた、まったく新しいインターロッキングブロック、「アセック」。「アセック」は車の重みによるゴムのたわみで、ゴム表面の氷雪面を剥離、除去。快適で安全な路面を作り出します。天然ゴムと合成ゴムをブレンドした高耐久性ゴムが、危険な圧雪、凍結状態を未然に防ぎ、コスト高のロードヒーティングに代る“新しい路面”として高い評価を受けています。


 
  特殊ILB(コンクリートブロック)
※夏季の降雨時などの滑り抵抗を高める為に必須




冬道以外にも

 従来のゴム製品では、雪の無いシーズンの降雨時には、タイヤのゴムと舗装材のゴムの滑り抵抗が小さくなるという問題が知られています。この問題は「アセック」と「特殊ILB」を混ぜて敷設する事により解決しました。「特殊ILB」を混ぜて敷設する事で、降雨時の滑り抵抗を上げ、かつその混合比率を変える事で一平米あたりの平均単価を調整する事が可能となります。
 

ゴム50%・特殊ILB50%